CompTIA Cloud+

top_cloud.png

改訂CompTIA Cloud+(試験番号:CV0-003)日本語試験の配信開始

改訂CompTIA Cloud+(試験番号:CV0-003)日本語試験は、2022年1月14日より配信開始しました。
また、改訂試験の配信開始に伴い、現行CompTIA Cloud+(試験番号:CV0-002)は、2022年9月30日をもちまして配信を終了しました。

CompTIA CertMaster Labs for Cloud+(CV0-003)日本語版 販売開始

CompTIA CertMaster Labs for Cloud+(CV0-003)日本語版が、2022年11月9日より販売開始されました。CompTIA Storeよりご購入いただけます。


CompTIA Cloud+は、ビジネスシステムとデータの高可用性をサポートするセキュアなクラウド環境を維持、展開、自動化する上で必要となるスキルを評価するグローバルな認定資格です。

CompTIA Cloud+認定資格概要

CompTIA Cloud+認定資格は、プラットフォームに依存せず、ITシステム運用における広義なクラウドベースのインフラストラクチャでのスキルを評価します。ミッションクリティカルなアプリケーションとデータストレージを展開、最適化、保護するためにクラウドへの移行を検討する際に必要とされるスキルが網羅されています。

また、マルチクラウド環境の運用によりもたらされる新たな課題を解決するため、CompTIA Cloud+で習得できる複数の製品やシステムに横断的に必要とされる専門知識は、クラウドエンジニアにとって有効なスキルとなります。

CompTIA Cloud+は、米国国防総省指令 8570.01(DoD Directive 8570.01)により承認されたクラウド系の唯一の認定資格であり、IAMレベルI、CSSPアナリスト、CSSPインフラストラクチャサポートの人材に対して活用されています。

CompTIA Cloud+で修得できるスキル
skillicon_9.png クラウドのアーキテクチャと設計 skillicon_7.png セキュリティ
さまざまなクラウドモデルを分析し、ビジネス要件をサポートするための最適なソリューションを設計する OS構成、アクセス制御、仮想化を含むサーバーのセキュアな管理とメンテナンスを実行する
skillicon_3.png デプロイ skillicon_2.png 運用とサポート
システム要件を分析し、クラウドへのワークロードの移行を正常に実行する 適切な自動化とオーケストレーションのプロセス、バックアップと復元、災害復旧タスクを含むクラウド環境の維持と最適化を実行する
skillicon_10.png トラブルシューティング
クラウドの実装に関連するキャパシティ、自動化、ネットワーク、セキュリティの問題をトラブルシューティングする

CompTIA Cloud+導入事例

下記のリンクよりデジタルブック形式で導入事例をご覧いただけます。PDF形式でのダウンロードも可能です。

Cloud Case Study on web

CompTIA Cloud Case Studyに掲載されている以外の導入事例については、こちらからご覧ください。

CompTIA Cloud+出題範囲

出題範囲(試験名称をクリックすると「出題範囲(PDFファイル)」がダウンロードできます。)
日本語 CompTIA Cloud+(CV0-003)
CompTIA Cloud+ CV0-003とCV0-002 出題範囲の比較
英語 CompTIA Cloud+(CV0-003)

CompTIA Cloud+試験情報

CompTIA Cloud+認定資格試験は、以下のような業務経験をお持ちの方を想定して開発されています。

• ITシステム管理またはITネットワーキングにおける最低2~3年間の業務経験
• CompTIA Network+およびServer+、またはそれに相当する知識
• サーバーの仮想化に関する主要なハイパーバイザーテクノロジーに精通している
• クラウドサービスモデルに関する知識
• ITサービス管理に関する知識
• パブリックまたはプライベートのIaaSでの業務経験

CompTIA Cloud+(CV0-003)
1.0 クラウドのアーキテクチャと設計 13%
2.0 セキュリティ 20%
3.0 デプロイ 23%
4.0 運用とサポート 22%
5.0 トラブルシューティング 22%

試験情報
日本語配信 済(2022年1月14日より日本語試験配信開始)
試験科目 1科目
試験番号 CV0-003
制限時間 90分
問題数/出題形式 最大で90問 単一/複数選択、パフォーマンスベーステスト
※本試験には、パフォーマンスベーステスト(シミュレーション)が出題されます。
パフォーマンスベーステストの詳細については、こちらをご覧ください。
合格ライン 100~900のスコア形式 750スコア以上
受験料 CompTIA認定資格試験価格をご確認ください。

CompTIA Cloud+ 更新/リニューアル

iconRenew.png CompTIA Cloud+は、資格取得から3年間の有効期限が設定されいます。(2019年1月現在)

以下のいずれかの方法で、有効期限内の認定資格の更新が可能です。(2019年1月現在)

CEUの申請とCEプログラム費用が免除されるもの
・CompTIA Cloud+改訂試験の合格

更新に必要な「50」CEUの申請/承認とCEプログラム費用が発生するもの

・一部対象となるCompTIA認定資格の取得
・CompTIA以外の承認されたIT認定資格の取得
・その他、CEUに対象となるアクティビティの実施

認定資格更新の詳細については、「CompTIA認定資格リニューアル/更新方法」をご確認ください。

CompTIA Cloud+ 開発プロセス

CompTIA認定資格は、試験作成委員会が中心となり、ニーズ調査・職務分析・リサーチを経て、SMEと呼ばれる現場関係者により開発が進められます。
CompTIA Cloud+は、以下のIT業界からのSMEのサポートにより開発されました。

■米国SME(米国本部/一部抜粋)

Amazon Web Services Cisco
Disney Microsoft
Oracle America Inc. The Johns Hopkins University Applied Physics Laboratory
Veeam 他多数

■日本語試験SME(50音順/社名は参加時の社名を記載)

日本語試験は、以下のIT業界からのSMEのサポートにより開発されました。

森 恒成 氏
KDDI株式会社
吉田 雄哉 氏
日本マイクロソフト株式会社
神崎 賢太郎 氏
富士フイルムビジネスイノベーションジャパン株式会社
釜山 公徳 氏

トレーニング

CompTIAトレーニングパートナーから提供のトレーニング教材は、こちらからご確認ください。

cloudplus_studyguide.png The Official CompTIA Cloud+ Self-Paced Study Guide
(試験番号:CV0-003)日本語版
※eBookはカラー、書籍(印刷版)は白黒になります。
※PDFのサンプルをダウンロードできます。実際の「CompTIA Self-Paced eReader」には、印刷やPDF保存の機能はありません。
CompTIA Store Sample
学習範囲
自学で学習を進める方向けのコンテンツです。最新のCompTIA Cloud+(CV0-003)出題範囲を網羅しており、多くの図解を含んでおり、充分な情報量の理解しやすいコンテンツです。

含まれる内容
実際の業務に合わせたコンテンツ- すべてのトピックスは、業務上の職務に関連しており、レッスンでは実際の業務で発生する内容を取り上げています。重要な用語と略語用語集

学習内容

最新のCompTIA Cloud+(CV0-003)出題範囲を網羅しており、多くの図解を含み理解しやすく設計されているため、自学で学習を進める方向けにも学習しやすいコンテンツです。

下記の項目が含まれます:

・実際の業務で活用できるように設計されたコンテンツ-レッスンでは、実際の業務で取り扱う項目ごとに学習ができ、すべてのトピックスでは職務における特定のタスクに関連した項目が取り上げられています。
・トピックスごとの確認問題で理解度を確認することができます。
・重要な用語と略語集

学習内容

The Official CompTIA Cloud+ Study Guide (CV0-003) は、CompTIA認定資格試験を自学で学習さえる方向けに作成されています。本書は、CompTIA Cloud+ (CV0-003)の出題範囲がすべて網羅されていることを第三者により評価されており、CompTIA Cloud+取得に必要なスキルを取得することが可能です。

本書には、以下の内容が含まれています。
  • クラウドの概念を理解する
  • クラウド環境の計画と設計
  • クラウドリソースの管理
  • クラウドストレージを管理する
  • クラウドでネットワークを管理する
  • クラウド内のネットワークの保護とトラブルシューティング
  • クラウド移行の管理とクラウド展開のトラブルシューティング
  • クラウドの自動化とオーケストレーションを管理する
  • クラウドセキュリティの概念を理解する
  • クラウドセキュリティの管理
  • クラウドパフォーマンスの管理
  • クラウドのメンテナンスの管理
  • クラウドに高可用性とディザスタリカバリを実装する

CompTIA CertMaster Labs for Cloud+ (試験番号:CV0-003)
- Individual License「日本語版」

CompTIA Store

  • 評価付きのハンズオンアセスメントにより、ジョブタスクを正しく、効率的に実行できるスキルを正確に把握できます。
  • インターネット接続と最新のブラウザーのみで学習環境が整えられ、その他の特別な機材を用意する必要はありません。
  • CompTIAの出題範囲に沿ったシナリオ
  • ライセンスは、12ヶ月間有効。

学習内容

CompTIA CertMaster Labs for Cloud +(試験番号:CV0-003)は、ブラウザーベースのラボ環境上で実際の機器やソフトウェアにアクセスし、実践的な演習とスキルの習得を可能にします。CompTIAの学習コンテンツとの親和性が高く、CompTIA Cloud+(試験番号:CV0-003)の出題範囲に沿っていることから、認定資格試験を受験するための準備として活用いただけます。また、実際の業務に沿ったシナリオのため、業務におけるスキルを学習、習得することも可能です。

すべてのアクティビティには、評価付きのアセスメントが含まれているため、学習者からの入力に基づきスコアやフィードバック、ヒントを提供し、最終的には、それぞれのジョブタスクの最も正確で効率的な方法を理解することができます。

  • Assisted Labsは、10~15分くらいで実行できるタスクをステップごとで学習できるアクティビティです。アセスメントとフィードバックを通して、アクティビティを正しく進めることができます。
  • Applied Labsでは、複数のトピックを扱う20~30分くらいで実行できるゴール設定された一連のシナリオが提示されます。シナリオに到達するためのスキルを評価するため、アクティビティの最後に採点が行われます。

ラボのアクティビティ

  • Assisted Lab: クラウド環境の計画と設計
  • Assisted Lab: クラウドリソースの展開と管理を行う
  • Assisted Lab: コンピュートリソースを管理する
  • Assisted Lab: クラウドでネットワークを管理する
  • Assisted Lab: クラウドコンポーネントをセキュアにする
  • APPLIED LAB: クラウドリソースの展開
  • Assisted Lab: クラウドの自動化を管理する
  • Assisted Lab: ベースライン構成を管理する
  • Assisted Lab: パッチをデプロイする
  • Assisted Lab: モニタリングの設定
  • Assisted Lab: バックアップの管理とシステムの復元を行う
  • APPLIED LAB: クラウドリソースを管理する